学校・オフィスでも使える裸眼風のナチュラルカラコンを中心に情報をまとめたサイトです
ナチュラルカラコン > 基礎知識 > 周りにばれずに盛れるカラコン選び

周りにばれずに盛れるカラコン選び

Pocket

周りにばれずに盛れるカラコン選び

視力が低下した時にメガネをかけるのは一般的ですがメガネを装着した時の鼻に当たる感じが嫌だったり温度差があった時にレンズが曇ったりするのが嫌でコンタクトを装着する人も多いようですね。
メガネをかけると見た目の感じも変わるのでコンタクトはとても便利なアイテムですが、お洒落アイテムとしてカラコンを装着する人も増えています。

ただカラーやデザインの選び方を誤るといかにも取ってつけたような変な印象になることもあり選び方はとても重要です。
若く見せるにも有効なカラコンですが周りにばれないように盛れるものを選ぶようにしましょう。

その一番のポイントは目の黄金比率にあります。
黄金比率とは黒目と白目の比率のことで一般的には「1:2:1」になっていることです。

が、日本人の場合「1:1.5:1」が平均となっている為黄金比率になるとうなカラコンを選ぶと瞳がより大きく見えるようになります。

ただし瞳のサイズよりもあまりに大きいカラコンを装着すると違和感があり盛っていることがばればれになりますので自分の瞳のサイズを考えて選ぶようにしましょう。

カラコン選びの注意点

見た目の雰囲気を変えるお洒落なアイテムとして人気のカラコンは選び方がとても重要なポイントで自分の目に合ったアイテムを選ばないと逆にイメージダウンにもなりかねません。
人の目は丸みを帯びていますがこの目の丸みのサイズをベースカーブといいますがこのサイズに合わせたコンタクトを装着しないと瞳との間に隙間が大きくなったり、瞳を圧迫したりする可能性があります。

実際のベースカーブの数値に対して±0.2くらいが装着の許容範囲になりますので初めてカラコンを装着する時は眼科でこのベースカーブのサイズを調べてもらうようにしましょう。
また視力御矯正が必要な場合にも眼科で補正度数を調べておくようにすると装着時に違和感なく使用することが出来ます。

またコンタクトは長時間装着すると目が乾いてしまう為ドライアイになる可能性が高くなります。
コンタクトレンズには水分が含まれており、一般的には含水率の低いレンズが装着した時の感触が良くなる傾向にあります。

含水率の高いレンズの方が目の乾燥には効果があるように思いがちですが実はコンタクトレンズは最初に含まれていた水分が無くなった時に目の水分から補うようになるため初期の水分が少ないレンズを使う方がいいということになります。
選ぶ時の参考にしてください。

基礎知識

レビュー